スタッドレスタイヤを使う|業者におまかせ|タイヤ交換は自分行うよりも業者に依頼を
男の人

業者におまかせ|タイヤ交換は自分行うよりも業者に依頼を

スタッドレスタイヤを使う

車と作業員

積雪地域は、車の運転に大きなリスクを伴うことが多いです。その理由は、雪です。雪にタイヤが取られてしまい前に進めなくなるならまだしも、踏み固められ、雪が凍ってしまい、いわゆるアイスバーンになったところの運転はさらに危険です。地面が凍っているためスリップしやすくなり、事故が起きる確率が更に増えてしまうからです。また、アイスバーン表面の水膜がタイヤと地面の隙間に入りハンドルが効かなくなるハイドロプレーニング現象も起きやすくなってしまいます。特に坂道のアイスバーンは事故率が高くなってしまうので、万全の注意が必要です。
そんな時に役立つのが、スタッドレスタイヤです。スタッドレスタイヤは、こういった積雪地域で活躍するタイヤであり、アイスバーン表面の水膜を除去する働きや、吠えて固まりにくいゴムを使うことによってスリップのリスクを可能な限り減らしています。また、溝を深く掘ることでより摩擦係数を増やし、ブレーキなどを効きやすくさせているのもポイントです。
スタッドレスタイヤは、業者に依頼すれば交換することができます。また、日本では古くから積雪地域用のものにスノータイヤと呼ばれるものもありますが、こちらはあくまでも雪をかき分けて進むためのものであり、凍った道に対してはあまり効果を発揮していません。そのため、雪が踏み固められ、凍っている道が多い市街地ではスタッドレスタイヤを使用した方が有効に働くことが多いです。